アッパー・ストラクチャー・トライアド
Upper Structure Triad

アッパー・ストラクチャー・トライアド
Upper Structure Triad

スケールの音を使って出来るトライアドの中で、
テンションノートを1つ以上含み、
スケールノート(アヴォイドノート)を含まない、
メジャー・トライアド又はマイナー・トライアドを

アッパー・ストラクチャー・トライアド
Upper Structure Triad

と呼びます。
コードの調性Tonalityを分離させて、
より広がりのある響きを得るための
ヴォイシング(音の置き方)で用います。

例えば、C Ionian
の中にある Upper Structure Triad は、
T9であるD音を含む”G トライアド”と、
T13であるA音を含む”Am トライアド”
となります。

C Major Key 中の7つの教会旋法の中に有る
アッパー・ストラクチャー・トライアド
Upper Structure Triad
は以下のようになります。

Ⅰ△7 C Ionian /G(T9)、Am(T13)

Ⅱ-7 D Dorian /Em(T9, T11, T13)、G(T11, T13)、Am(T9)

Ⅲ-7 E Phrygian /none

Ⅳ△7 F Lydian /G(T9,T♯11, T13)、C(T9)、Dm((13)

Ⅴ7 G Mixolydian /Dm(T9)、Em(T13)

Ⅵ-7 A Aeolian /Em(T9)、G(T9, T11)

Ⅶ-7♭5 B Locrian /Em(T11, T♭13)

ChordScale&UST in CMajor



各スケールの主音(ルート)をⅠ度として、
度数degree で
アッパー・ストラクチャー・トライアド
Upper Structure Triad
を表すと、

Ⅰ△7 Ionian /Ⅴ(T9)、Ⅵm(T13)

Ⅱ-7 Dorian /Ⅱm(T9, T11, T13)、Ⅳ(T11, T13)、Ⅴm(T9)

Ⅲ-7 Phrygian /none

Ⅳ△7 Lydian /Ⅱ(T9,T♯11, T13)、Ⅴ(T9)、Ⅵm((13)

Ⅴ7 Mixolydian /Ⅴm(T9)、Ⅵm(T13)

Ⅵ-7 Aeolian /Ⅴm(T9)、♭Ⅶ(T9, T11)

Ⅶ-7♭5 Locrian /Ⅳm(T11, T♭13)

となります。

UST in 7 Church Mode





ジャズ理論

各コース紹介

ジャズ・ソノール・ピアノ教室

ジャズ・ピアノ講師 則岡徹

ジャズ・ピアニスト 則岡 徹

ジャズ・ソノール・レコーズ