アドリブの作りかた
How to improvise?

実際のアドリブはどうなっているのでしょうか?

それを知るためには、
実際のアドリブをクローズアップで見て、
調べてみるのが良いです。

[1] そのコード進行の、音のグループ(コード、スケール)
の移り変わりを把握しておきましょう

「正しい」サウンドは下記の、①~④になります

① コードの音(コードトーン)の移り変わりを確認する
② コード進行をアナライズする
③ 各コードにピッタリなスケール(音階)を確認する
④ そのキーでのブルース・スケールを確認する

[2] 上記②、③に当てはまらない音はアプロ―チノートである
場合が多いです
③、④の音であるか、アプローチノートなのかを判断できることは大切です

[3] 実際のアドリブ演奏を採譜し、演奏し、
奏者の考えや意図を探ります

“Fly Me To The Moon”
Transcribed Improvisation by
James Moody on Tenor Sax

Fly Me To The Moon(Bb)improv_JamesMoody_Analyze





体験レッスン

体験レッスンご予約

くわしくは、お問合せください。

ジャズ・ソノール・ピアノ教室

コースご紹介

ジャズ・ピアノ講師 則岡徹

ジャズ・ピアニスト 則岡 徹

ジャズ・ソノール・レコーズ