裏コード
SubⅤ7

ドミナント7th コードの、
コード・トーンは以下の度数で
出来ています。

1, 3, 5, ♭7

ドミナント7thコードの3rdと7thは、
半音6つ分離れています。この音程は、
-5(Diminidh 5th 減5度)、または+4(Augment 4th 増4度)と呼ばれます。
全音3つ分なのでトライトーン(Tritone)とも呼ばれます。

コードG7の裏(ウラ)コードはD♭7ですが、
この2つのコードは3rd と7thを共有しています。

G7 3rd=B、7th=F
D♭7 3rd=F、7th=C♭=B

この理由から、
G7 ←→ D♭7
の交換が可能なのです。

subV7_



※ G7が表(オモテ)コードならばD♭7がその裏(ウラ)コードです。
このオモテ、ウラは5度圏の中心に向かっての反対側、
対面を意味しています。



ジャズ理論

ジャズ・ソノール・ピアノ教室

各コース紹介

ジャズ・ピアノ講師 則岡 徹

ジャズ・ピアニスト 則岡 徹